トップページ | ウィスパーヴォイス「早瀬優香子」 »

「Romanticが止まらない」

近ごろ「昭和ノスタルジー」が止まらない。
中高生だった80年代を振り返っては懐かしむ、
逆ベクトルな趣味にいそしむ
チョット後ろ向きなワタシ。

時間を見つけては
"ネット"という名のタイムマシンに乗って、
懐かしいあの時代へタイムスリーーーップ☆

向かうはモンスター動画サイト「youtube」。
これでもかー!と
片っ端から思いつく懐古ワードを
検索フォームに叩き込んでは再生を繰り返す。

ケーブルを通じて青春時代に夢中になった
アーティストたちの当時の姿に、
いとも簡単に出会えるんだからたまらない。

懐かしい音楽が
甘酸っぱい青春の記憶を呼び起こし、
回想モードのスイッチが入ると同時に
ロマンティックモードにもスイッチが入る。

そこで…懐古録そのイチ。
”ロマンティック”といえば
「C-C-B(シーシービー)」。
85年に「Romanticが止まらない」が大ヒットした
伝説のバンドだ。

Romantic

うんゎー懐かすぃ!
C-C-Bの前身「ココナッツ・ボーイズ」だった頃、
LPを購入してよく聴いてたなぁ。


さっそく検索、登録されてる動画の多さにびっくり。
一発屋のイメージが強い彼らだが、
「Romanticが止まらない」以降のヒット曲も数多い。

C-C-Bは当時アイドル路線で活躍してて、
ワタシは彼らの音楽を聴くには恥ずかしい歳になってて、
あまり彼らの活躍をリアルタイムで追っていなかったけど、
昔の映像をみてたら
実力派揃いのバンドだったことに気づいたんだ。

松本隆×筒美京平作品が多い中、
メンバーが手がけた曲もまた素晴らしい。

C-C-Bの活動期間は82年から89年の七年間、
奇しくもバブル景気の時期と重なる。
彼らほど80年代の景気に
比例するバンドはいなかったんじゃ…?とぼんやり思う。


近年はテレビで現在の彼らを目にすることが多くなった。
もしも彼らが景気のバロメーターになるなら、
日本国民としてC-C-Bの再結成を願わずにはいられない。

てゆぅか…個人的に応援してるんですが(笑)


C-C-B 奇跡の復活ライブ(某テレビ局、2005年)

|

トップページ | ウィスパーヴォイス「早瀬優香子」 »

C-C-B関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/460375/9151481

この記事へのトラックバック一覧です: 「Romanticが止まらない」:

トップページ | ウィスパーヴォイス「早瀬優香子」 »