« 第18回江古田フォークジャンボリー | トップページ | 「ともとものガラクタ音楽会」 »

「ワンダフル・モーメント」×「噂の刑事トミーとマツ」

1979年~1982年に放送されていたドラマ『噂の刑事トミーとマツ』。

臆病者のモテメン刑事「トミー」(国広富之)と、
女好きな俺様刑事「マツ」(松崎しげる)の凸凹コンビが
小競り合いのすえ事件を解決していく痛快アクションコメディです。

02

事件現場でどこまでも逃げ腰のトミーにしびれを切らした相棒マツが

「トォーミィーコーーーー!!!」

とののしった瞬間、最強デカ(刑事)に変身する過程が大好きでした。

極端で解りやすいキャラクター、必ず飛び出す"決めゼリフ"。

王道ともいえるベタな展開は観る者の記憶に残ります。
良くも悪くも繰り返しのマジックには、まんまとハマってしまうものです。

またドラマを盛り上げてた脇役陣の顔ぶれもスゴイ。

そしてこのドラマのエンディングを歌っていたのが
「マツ」こと松崎しげる氏。

歌手松崎しげると言えば「愛のメモリー」が有名ですが、
このドラマで使用された「ワンダフル・モーメント」も
自分の中では名曲になってます。

松崎しげるの歌声もかなり好き。

ワンダフル・モーメント/松崎しげる

「ワンダフル・モーメント」作詞:三浦徳子/作曲:佐瀬寿一/編曲:小笠原寛

|

« 第18回江古田フォークジャンボリー | トップページ | 「ともとものガラクタ音楽会」 »

音楽とドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/460375/24482718

この記事へのトラックバック一覧です: 「ワンダフル・モーメント」×「噂の刑事トミーとマツ」:

« 第18回江古田フォークジャンボリー | トップページ | 「ともとものガラクタ音楽会」 »