« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

ライヴ!ライヴ!!ライヴ!!!

この歳になって生演奏の素晴らしさにすっかりハマり、
最近じゃライヴハウス通いが趣味になりつつあるsadプリンです。こんにちは。

そんなワケで、先週からライヴ三昧の日々。
マーキーゆかりのアーティスト
「ありのぶやすし」「渡辺英樹」「えんど.」お三方の
ライヴレポを順に書いてみました。お時間の許す範囲でご覧下さいませ〜

11月18日「ありのぶやすし」アコースティックライヴ
毎週木曜、駅前でストリートもされてる ありのぶ氏。
今回はインスト(インストゥルメンタル)の曲も織り交ぜ、
「真弓」「夢の丘」「イカロス」他計7曲、
ストリートでもお馴染みの曲を披露して下さいました。
マイクを通すと、また違った趣があり癒されます。

客席にベテランアーティストの高田彰氏がいらっしゃったこともあり、
インストをプレイするありのぶ氏はちょっと緊張されてました。

ちなみに高田さんのユーモラス(歌詞)で洗練された音楽は極上と評判です。
一度ライヴを体感したワタシもその素晴らしさに納得!
12月19日(金) 江古田マーキーにて高田彰氏のライヴがあります。

これからは何やらお考えがおありだと言う ありのぶ氏。
来月から毎月ライヴをされる告知もされてました。
次回は12月22日(月)江古田マーキーにて
前回のありのぶ氏ライヴレポはこちらこちら

11月22日「渡辺英樹」ワンマンライヴ
座薬に頼るほどの辛い腰痛にも耐え、
ソロならではの選曲で計16曲、最後まで歌いきって下さいました。
立派です。さすがプロ!
今回は特に好きな曲ばかりで、ワタシには珍しく曲名も殆ど分かりました。

「ベースの弾き語りってどぉなの?
オレは普段からベースで曲作りしてるから違和感ないけど」
と言われてましたが、ワタシはベース弾き語り推奨派です。
特にPoliceのナンバーは、ベースラインが印象的なので耳にしっくりきますし。
英樹氏が歌う「Walking on the Moon」を聴いてみたいと思っていたので、
願ったり叶ったりで嬉しかったです。

音源が手元に無くて動画で視聴してた「すごい」は生で聴くと、
その"すごさ"もひとしお。
またエロカワな「ヤサイ」も英樹さんのボーカルにフィットしてグッド。
「スローバラード」は切ない歌詞がアコギと溶け合って心に沁みます。

また、昔作った曲を手直しして歌われたという曲は
『♪…夕方の空気が動く…叱られるから〜ウチに帰らない…』のフレーズが
印象的で記憶に残りました。スタンドバイミーの映像が頭に浮かんだりして。

アンコールでは客席にいらした丸山さんが飛び入り参加で
「アジアから来た女」を熱唱。
歌い始めると、途端にVoThMの英樹氏に変身!
ここまで表情が変わるとは…感動しました。
丸ちゃんが横にいると心の持ちようが違うと言う英樹氏。
やっぱワタシはVoThMの英樹さんが一番好きかもです。

最後は「バイバイムーン」でガッツリ心を鷲掴み。
次のライブが待ち遠しいです。

11月25日「"プログレッシブな自転車屋"えんど.」ライヴ
えんど.さんのYouTube動画を観る限り、
彼が産み出す独創的な音楽はかなり好き。
ありのぶさんいわく「えんど.は天才」の言葉に
多大な期待を寄せ、ライヴ初参戦してきました。

一曲目は演歌とロックを融合させた「恋の海」。
初っぱなから大好きな曲を演ってくれて自分ノリノリです。

マーキーでは珍しく、スタンディングでプレイするえんど.さん。
目にも留まらぬ速さでギターを弾き鳴らし、
その高度なテクニックは素人目でもわかるほどです。

三曲目からはベースに持ち替え「ながれうた」「ゴーストーカー」を熱く披露。
いわゆるスラップ奏法で高速に弦をはじく姿は圧巻!

01

ロックで演歌な曲調が相俟って、
次第にベースが三味線に見えてくるから不思議です。
複合的でパーカッシブな音色につられ、
思わず立ち上がってタテノリしそうな衝動にかられました。

「ゴーストーカー」は
『♪僕は合法的なストーカーになりました〜』というフレーズが大好き。

あっと言う間に計6曲を歌い終え、
気付けば えんど.ワールドにすっかり惹き込まれた自分がおりました。
今回はソロのえんど.さんでしたが、
2ピースバンド「ともだちJOZZ」のライヴも是非観てみたい!
これからも聴き続けたいアーティストさんです。

ご興味がある方はこちらもどうぞ〜♪
ながれうた/ともだちJOZZ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

YouTubeサーフィンdeノスタルジー

※所々にリンクあります。うっとうしくてごめんなさい※

昨夜はYouTubeサーフィンに明け暮れ、寝不足のsadプリンです。

音楽は基本ノスタルジアで聴くことがデフォのワタシです。

ベスト・ヒットUSAから始まり、70~80年代の邦楽ヒットポップスから
アニソンに至るまで見境無く再生しまくり、
未だに昭和ノスタルジーが止まりません。Don't Stop

想い出がいっぱい時代にどっぷりと浸り、脳内はかけめぐる青春状態。

そうそ。こんなこともありました。

スクール・ガールだった頃付き合ってたカレが、
元カノからもらった「あの日にかえりたい」のレコードを
大切に保管してたんです。

その事実を知ったとき、
自分に元カノの面影をみてたのぉ?と悲しい気持ちになり、
心みだれてクチ喧嘩になりました。若さ故の反乱です。

それを見ていたともだちが、
けんかをやめてと仲裁に入ってくれたっけ…(遠い目)

ワタシの嵐の素顔をずっと見てきたその友人とは、
今では四半世紀の付き合いになります。これからもLove Me Do

居酒屋で呑む時は、昔話に花が咲く事もしばしば。
あの時君は若かった
今じゃ別人のように大人しくなったよね」と言いたい放題。

人生いろいろですから〜。

逆ベクトル(後ろ向き)な考え方ですが、
繰り返しの日常に息詰ると、
こんなカンジで音楽聴いて懐古趣味にいそしんでおります。

甘酸っぱい青春の記憶はノンフィクション・エクスタシー

思考回路はあの頃のままで、ちょっと複雑ですが。

『あの日にかえりたい』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

VoThMの新曲タイトルって…

とっても気になりますねぇ♪

10/30のライヴで新曲が披露されたそうですが、
行かれた方のレポを読ませていただいてると
ステキな曲に仕上がってるみたいですね。

ワクワクします。

早く聴いてみたいなぁ。。。


Vothm1031

今回は"かわいい系"VoThMで(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »