« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

祝20周年☆2/6 VoThM LIVE「club Edge 六本木」

オレンジ色にライトアップされた東京タワーに向かって
外苑東通りをWALKIN'、向かうはライブハウス「club Edge 六本木」。
2月1日めでたく49歳になられた渡辺英樹氏率いるスリーピースバンド
VoThM(ヴォズム)のロックサウンドを体感しに行ってきました。

この日のMCキーワードは「初老」と「膿んでる」(笑)
すでに脳みそ膿んじゃって
手遅れの初老sadプリンがお伝えします。下ネタご注意ください(爆)


『ずれたJUST BEAT』からスタート。
客席から英樹氏の変化を確認しつつ立て続けに三曲堪能し、
最初のMCでは「初老」ネタで盛り上がります。

英樹「ちょっと私、変わってみました♪」
ワイルドだったロン毛をバッサリカットした姿を初公開。
まるで少年のようです。
客席から「かわいい〜」の声をかけられ、
「カワイイって(汗)49歳の男を形容する言葉かぁ〜?」
と照れを打ち消すように答える英樹さん。
英樹「知ってるぅ?初老っていくつのことか」
客席「40歳〜」
英樹「そう40から初老…てかさぁ〜あ、
俺なんか+9年やってるわけだからベテラン?てか老人ぢゃん?!
そーなると丸ちゃんは初老のベテラン、初老って言えるのはけんぢだけ?」

微量のアルコールが回ってなのか、ロレツが回らずカミカミな英樹さん。
もうクチの中が血だらけ(うっそ〜ん)

英樹「でもさぁ〜、あと一年で50歳ってデカイよね。
オリンピックならカウントダウン始まってるしぃ〜」
50歳を目前にし、初めて年齢を意識したという英樹さん。
ちょっと落ち込んだけど、ブログのコメントを見て元気になったそうです。

続いて『涙あふれ』『They'll Be Back Again』と大好きな曲が続きます。

♪子供達にわからない 彼らの働く姿…忘れられた父親の威厳も帰る日も…
何の為に働いているか?何の為に疲れているのか?何の為に年老いて行くのか…
『They'll Be Back Again』のやるせない歌詞が胸に刺さります。

観客もメンバーも暖まってきたところで、お約束の下ネタ タ〜イム(笑)
ライヴリハーサルの後、恒例の前打ち上げでは
例のセクスィ〜チャアハンheart04がある18禁な居酒屋さんへ行ったんだそうな。
飲酒は二十歳からを考えると、ある意味正当派なお店ですわね。

新メニューのあおり文句に心奪われたVoThMの面々(笑)
早速試してみることにぃ〜
「新メニューの"絶○サワー"、ワタナベ飲んで来ました!」
得体の知れない液体の中身は、恐らくオ○ナミンCや赤まむしなんかと
焼酎を割ったもので、色は黄色だったとか。

自らの股間を覗き込み、
「そろそろ効果が、、、まだ表れてません(爆)」
身を以て体験する好奇心旺盛な49歳「渡辺英樹」。カッケーです。

そしてここの店長おすすめの極めつけ新メニューは…
英樹「魚へんに弱いって書いて"鰯(いわし)"でしょ?
でさぁ〜あ、ここのオヤジが
『魚へんに漢字でタテに"六"と"九"を並べたら何て読む?』
って聞くわけよ〜。俺ら必死で考えてたら、そのオヤジが一言
『アイ○メ』って…殴ってやろーかと思ったよ!
このオヤジ膿んどる!!」
意味が判ってか判らずなのか、客席は引き潮状態(笑)
英樹「俺らでも引いたよ!」客席爆笑。

下ネタトークも冴え渡ったところで、けんぢさんから重大な告知が。

「今年は2009年ですよね。なんと今年
VoThM結成20周年を迎えました!」
客席から拍手とおめでとーの声。
20年ってすごいです!心から祝福いたします。

そこで、今回はメンバーそれぞれが自己紹介をするという嬉しい企画付き♪

普段あまり喋らないシャイな丸ちゃんがマイクに向かうとは!
これは嬉しい。観客一同、丸山さんに注目〜
「東京都出身、丸山正剛です。
86年に『BEE PABLIC』というバンドをやってました。
VoThM結成20年って、ちょっとがっかり?てゆうかガックリ?
そんなん経った?!ってカンジです。
VoThMの打ち合わせは89年からやってたわけで、その頃まだボスは…」

どうやらVoThM結成とC-C-B解散が被ってたらしく、、、、

英樹「あ〜っと(汗)ほら、先のことを考えるのって大事でしょ?(笑)
いっつも先を考えてたから、
最後のツアーで『信じていれば』の歌詞間違えちゃったしぃ」
ところがです。
「違う〜『原色したいね』だよ〜」と客席から突っ込みが。
英樹「えっ?原色だっけぇ?
俺、ずっと信じていればだと…20年って恐いですねぇ。」
丸山「両方なんじゃ…」
英樹「俺が間違えたの2曲もですかぁ〜?!」

過去に出演された自らの番組を一切観ないでしょ?
という丸ちゃんの突っ込みで
「みなさんの方が正しいです。」と素直に認める英樹さんでした。

引き続きけんぢさんが、
ボスも知らなかった(?)意外な過去をカミングアウト。

木村「ドラムやってます木村健治です。
二十歳で家を出るまで床屋のせがれやってました。
せんべいが入ってた缶を叩いてたら(ドラムの練習)
『床屋のドラ息子』と近所のヒトから言われてました。」
英樹「ライブハウスぢゃないんだから(笑)
ドラ息子とドラムと引っ掛けてるわけだ〜」

そんなドラ息子けんぢさんの学生時代はというと…
木村「髪の毛を立てて自転車通学してたんですが、
どんなに遅刻しても風圧で髪型が崩れるのを嫌って
最徐行で通学してました。」
英樹「だったら乗るなよ!」

"最徐行"(爆笑)さすが鉄のドラマーけんぢさん、
鉄用語(?)をさりげなく使いこなすセンスに感涙です。

そして最後に英樹さんがサクッと自己紹介を。
「19ハク…また噛んぢゃった。クチから血ぃ流れてない?(笑)
1960年生まれの49歳でぇす♪こんなこともやっちゃいまぁす♪」
両ほほに人差し指をあてておどける英樹さん。
「かわいいーーーー」萌えまくる観客(笑)
英樹「って超はずかし〜〜」爆笑

そんなオチャメな49歳『渡辺英樹』。
ここらで一発やる気を魅せるであります!
「今日はなんだか喉が枯れてんだよねぇ。
これって新曲のキーが高いから?今度から一音下げて奏ろっか」
丸山「えぇ〜(汗)」
ボスの言葉に動揺を隠せない、真面目な丸山さんでありました。

♪明日のこと考えてうんざり〜昨日のこと考えてぼんやり〜
お待ちかね待望の新曲は、ロックしてる超カッケー曲でした!

アンコールでは、シークレットゲスト
Love Community.」のギタリストまささんが、
バースデーケーキを持ってステージに登場☆
サプライズの催しに、英樹さん嬉しそうです。

ロウソクの火を一気に吹き消す英樹氏。すんばらしい肺活量だー!
丸山さんのギターに合わせ、
メンバー&観客みんなでハッピーバースデーを歌い祝福。
ファンばかりじゃなく、
メンバー、スタッフからも愛されてる英樹さんは幸せですね。
これからも、よりパワフルなステージを楽しみにしています♪

HAPPY BIRTHDAY☆

次回のVoThMライヴは4/4(土)『横浜Hey-JOE』だそうです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »