カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の記事

近頃どうにも気になってしょーがない。

壇蜜サン。

普段テレビを全く観ないワタクシ。
そもそも芸能情報には専ら疎く、
息子の影響で最近になって漸く嵐のメンバーが判るようになったという始末。
この際だから視野を広く化石頭を柔軟にしたいsadプリンです。

そんなワタクシですが、アベノミクスに乗り遅れまいと(違)
久々に車載テレビを稼働させたことろ、
目に飛び込んで来た映像に、運転中にも関わらず釘付けになったとです。

関東地方でさえ氷点下を記録するクソ寒い真冬だっちゅーのに、
画面には、ほぼ一糸まとわぬ状態の美しい人肌が露になっておりました。

濃淡のないまっさらな白肌。
艶やかな黒髪。日本舞踊のようにゆったりとした動作。
妖艶な表情を浮かべる魅惑の女性…
初めて目にする彼女の名は「壇蜜」。

とは言え通勤時間帯の健全タイム、
よくよく観入れば過露出は背中のみだったのですが
視覚マジックにまんまとハマり、
すっかり親父目線になっていたことに気付かされました…

彼女を目にして、チラリズムの真骨頂?某昭和ロマンポルノのイメージが頭を過り、
出勤前だというのに、妙に想像力が掻立てられ落ち着かなくなったとです。

更に自らを「エッチなお姉さん」と称する
彼女の捨て身の使命感に胸を打たれました。

三十路にして昭和の香り満載…和のエロス。

彼女の官能的な容姿や仕草が創り込まれたものではなく天性のものならば、
これまでの人生は生きづらかったのではないだろうか…と勝手に妄想。

デフレ脱却の一端を担う
「愛の神」になっていただきたく思う今日この頃。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

執着〜終着〜心弛び。

水面(みなも)を揺らす風は次第に速度を緩め

行く手を阻んでいた暗雲は散り散りとなり

その隙間からは微弱な光源が射し込む…

儚む精神も再び息を吹き返し

心弛び安住を見出す


台風一過。酷暑続きの中の、束の間の涼。
「不平不満を言うよりも 進んで(心に)灯りを点けましょう」
常に現状を受け入れる強さと冷静さを保ちたい。

盛夏はまだまだコレカラダ。
氷菓子食べて乗り切るべし(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

邪魔にならない程度の距離で。

眠れないのでつぶやき日記でも。

人間関係とは無縁の、孤独なデスクワークから一転、
ヒトとのコミュニケーションを必要とする職業に身を投じ早2年が経過。

営業という職業柄、ヒトとの距離感に悩まされることが少なからずある。

ターゲット(相手)の表情を観察しつつ、絶妙なタイミングで声をかける…
現実はこんな神業、滅多に出来ない。
表情を執拗に読み過ぎて、結果撃沈。ダメダメワーク。

駆け引き下手で表現下手な性格。加えて、いつまで経っても心を開けず…
だからお店の為に黙々と有益な働きを心掛け、
担当者との距離を少しでも縮めていく。
相手との信頼関係を築いていくために。

これってプライベートな人付き合いには有効な手段じゃないのかなぁ…
本音を嫌み無く伝えられる術が欲しい。

仕事で行ってる某チェーンストアで見かけた一コマ↓

Photo

思わず義理チョコを購入する単純なワタシ(笑)
誰か貰ってくだたい(爆)

真冬だと覇気が出なくてダメだな(溜め息)

こんな時は景気付けに好きな音楽を聴いてテンション上げ。

YouTubeで素敵なラブソングを発見♪

「邪魔にならない程度の僕で」アコギバージョン 作詞作曲/所ジョージ

邪魔にならない程度の僕で 所ジョージ? 歌詞情報 - goo 音楽


アルバム(七色の声色)ではトータス松本さんが歌ってますが、
所サンが歌うと一段と心に射し込んで涙腺崩壊。

表面はクールで中身は熱い、
"保温ポット"体質(なんだねそりゃ/笑)にはたまらない歌詞。

嗚呼ますます眠れない(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月1日。

もう二度と生身の姿に逢えないけど、

その存在は永遠であることを日増しに感じるのです…

Photo_2

昭和10年生まれの父は無口で観察眼が鋭く、
それほど厳格ではないけど、
御多分に漏れず家族で一番怖い存在でした。

子供たちが悪さをしてても、すぐには叱らずギリギリまで黙認し、
叱られないことをいいことに調子に乗ってると、
無言のゲンコツが頭に降ってくることがよくありました。

冷静な印象の父でしたが、
母に言わせるとかなりのうっかりものだったようで、
ワタシはそんなとこばかりDNAを受け継いでしまったようです。

晩年の父は渓流釣りが趣味で、
休日になると家族の心配をよそに早朝からひとりで車を運転し、
山深い川の上流まで行ってしまうほどのアクティブおやじでした。

ヤマメやイワナなんかが解禁になれば、
子供さながらに喜び勇んで出掛けて行き、
大漁だった日はニヤニヤと満足げな笑みを浮かべ、
手作りの天ぷらなどを家族に振る舞うのでした。

8月1日。
今日はそんな父の誕生日。

若かった頃は疎ましく感じていた父の存在が、
自分が家庭を持ち、子供を授かって初めて
その尊さに気付いたワタシは愚か者です。

そして今、
自分がファザコンだったことを自覚するのでした。


"生きとし生けるもの"に終わりがあり、
当然自分も例外ではありません。

身近な人間を失うことで、
自然の法則を受け入れて行くものなのかなぁと思ったりします。


カッコつけた言い方ですが、
たったひとりでも自分を必要としてくれる人間がいてくれるだけで
生きてる意味があるのかなぁと ぼんやりと思う今日この頃です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

能ある鷹は爪を隠す。

「彼はとても賢い男だった。
本番前の楽屋で、いつも読書をしていた
聡明な彼を憶えているよ。」

その言葉にそっと頷く。


会社の上司の繋がりで
思いがけずご一緒させていただいた
ある人物の言葉。

「彼は今どうしているの?
会いたいなぁ…」

そう言い残し
午前零時を過ぎた頃
幕張の自宅へと帰って行った。


桜満開の六本木。

摩訶不思議な出会いに驚嘆した夜。


さくら さくら…

獰猛な風に耐えた桜の花びらのように
歯を食いしばり
粘り強く
精神美を大切に生きてきたのだろう。


ふたりの再会を願わずにはいられない。

2010sakuraekoda

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜行ねずみ

♪雨はーつめたーいーけどーぬれーてーいたーいの
思い出も涙もーながーすーからー

15年振りにミュージックステーション観ました。
感想。観なきゃよかった。

こんばんは。
山下智久とDAIGOの区別がつかない時代遅れのsadプリンです。

テレビを観ない生活を数年続けてたら、
売れてる歌手やタレントの顔がさっぱり判らなくなり、
若干焦りを感じております。

最近、トレンディーな大衆文化に触れてみようと映画館に行きましたが、
興味の範囲でしかアンテナが反応せず、
結局「ぼくらのワンダフルデイズ」を観てしまいました。

マイ受信アンテナが古くなったので、刺激を与えて感度を上げるため
コンビニで普段読まないホラー漫画をゲット。

1114

おかげ様で、いろんな意味で刺激を受けまひた。

どの漫画も効果的なコマ運びでちゃんと怖がらせてくれます。

正統派ホラーの中に、

ファンタジック・ホラーもあり。

2p_2

"祖母から孫へ 孫から祖母へ どうしても伝えたかったこと…"

112歳で他界した祖母の大往生を見送るため、
男は家族を連れ、東京から片道600キロ離れた故郷へと車を飛ばす…
道中で起こる不可解な出来事とは?

背筋が凍る恐怖漫画とは違い、
この漫画は身につまされる恐さがあります。

みなさまも、セブンなどのコンビニにお立ち寄りの際は
単行本サイズが置いてあるコーナーにアンテナを向けてみてください。

浮世離れした世界に刺激を受ける…かも?

| | コメント (2)

米喰いねぇ

日本人なら主食はコメ。毎日食しても飽きないのも米。

我が家は"米"が欠かせません。

自称・米(コメ)親善大使の"マイはずばんど"が、
「一日のうち、一食でも白米をクチにしないとチカラが湧かないのだ!」
と訴えます。

米さえあれば家庭円満。良いクスリです。

ところで。

三喜屋商店さんのウェブサイトがオープンしましたね。

新米じゃなくたって、ふっくらもちもちっと炊き上がり、
大変美味しゅうございます。

4_2

しかしながら。
当たり前のように白米が食べ続けられる生活って改めてスゴいと思う…

暗雲立ちこめる日本の将来が不安でならない今日この頃のsadプリンでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)